2018年5月25日金曜日

【3-4.発覚】

2回目の病院へ
危うく見過ごされるところだった…





結果は、がく然とする数値でした

初回の時とは打って変わって、神妙な面持ちをしている先生
「早発閉経の兆候で間違いないですね」と
40歳になる前に、閉経してしまう可能性が高いとのこと

結婚して今夏で10年
いつまでも時間があるわけでは無い事も知っていましたが
本当には分かっていなかったんだと思います
子供の事はいずれ真剣に考えよう、と後回しにしていました

文字に起こすことで、自分の気持ちを整理してます
これを発信することで、何を伝えたいのかも明確じゃないです

とにかく、決して良いニュースではありませんでしたが
良かった点を挙げるならば
「心身の不調の原因が分かって良かった」
「リミットを迫られた事で、即刻、真剣に、今後の事を夫婦で話し合う事が出来た」
という事です

【早めに検査を】

私が受けた診断(疾患)は、決して珍しい例ではないようで
20代はもちろん、30代でも100人に1人の割合で起こり得る事らしいです

私の書き起こした「自覚症状」は
この疾患とは関係無いものも多く含まれているかもしれませんが
更年期の症状とみて間違い無いものも少なからずあります

「わたしの不調も、もしかして…?」と感じた方がいらっしゃれば
すぐに専門医へ診て頂く事をお勧めします
年齢が若いと「その年齢で早発閉経なんて…」と
その可能性を低く見る専門医もいるかもしれません
しかし、その場合は血液検査を行なった上で
判断してもらうのが最適ではないかと考えます

0 件のコメント:

コメントを投稿